用語集

アドウェア
通常、アドウェアのコンポーネントはシェアウェアやフリーウェアアプリケーションと同時にインストールされ、ターゲット広告をパソコンに表示します。これらの広告が表示されることで、ソフトウェアの開発元は収益を得ます。アドウェアは、ウェブベースの広告をポップアップウィンドウや迷惑な広告バナーで表示します。
ブラウザヘルパーオブジェクト (BHO)
ブラウザヘルパーオブジェクト (BHO) は、Microsoft Internet Explorer (IE) で便利なブラウザツールバーとして表示されますが、悪質な BHO は、デフォルトのホームページをほかのサイトに変更したり、ターゲット広告を表示するために、ユーザーのウェブ閲覧傾向の履歴を第三者に送信します。
ブラウザハイジャッカー
ブラウザハイジャッカーはお使いのウェブブラウザを制御します。ブラウザの設定や、デフォルトのホームページをほかのサイトに変更したり、個人情報を第三者に送信する機能があります。IE 本体の一部に見せかけることが可能なため、ファイアウォールソフトウェアではブラウザハイジャッカーを検知できないことがあります。ブラウザハイジャッカーはさまざまな機能を持つことができるため、トロイの木馬に分類される場合もあります。
ダイヤラー
通常、このソフトウェアはパソコンにインストールされて、電話番号をダイヤルします。一部のダイヤラーは、インターネットサービスプロバイダ (ISP) に接続し、正規のサポートを提供するのが目的です。しかし、悪質なダイヤラーには、遠距離や市外通話に勝手に発信しようとするものがあり、高額な電話料金が請求されることがあります。
キーロガー
「キーロガー」とも「キーストロークロガー」とも呼ばれ、パソコンのバックグラウンドで作動し、キーボードから入力したすべてのキーストロークを記録するプログラムです。キーロガーによって、パソコンに入力した個人情報やパスワードも記録され、後から第三者がこのような情報を手に入れる可能性があります。
複数層サービスプロバイダ (LSP)
LSP は、WinSock と、WinSock を呼び出すインターネットアプリケーション (インターネットブラウザなど) 間の通信を監視、傍受、制御するのに使われるコードです。悪質な LSP は、インターネットを介して提供した情報を盗取する目的で利用されています。
マルウェア
マルウェアとは、アドウェア、トロイの木馬、ブラウザハイジャッカー、キーロガー、ダイヤラー、cookie による追跡などの悪質なスパイウェアの総称です。
スパイウェア
スパイウェアは、ひそかにお使いのインターネット接続を利用して、パソコンに入力したさまざまな情報を収集し、第三者に送信するアプリケーションです。通常、これらの情報は、知らないうちに勝手に収集され、送信されます。アドウェアと同じように、スパイウェアは、フリーウェアやシェアウェアアプリケーションに付属する他社製コンポーネントとしてインストールされることが多く、これらをアプリケーション本体と識別することは困難です。インターネットでは、「スパイウェア」はマルウェアを含む総称であると説明しているところもあります。
cookie による追跡
インターネットブラウザは、少量のデータ (ウェブサイト設定など) を含む小さいテキストファイルである cookie を読み書きします。cookie は、任意のウェブサイトを訪れることでパソコンに作成されます。多くの場合、cookie は、次回そのウェブサイトに訪れるときのために設定を保持できるため、ユーザーにとってメリットがあります。しかし、一部の cookie は、複数のウェブサイトにまたがる操作を整理、追跡して、マーケティング業者にウェブ閲覧傾向の情報を提供することがあります。
トロイの木馬
スパイウェアと同じように、トロイの木馬はお使いのシステムに侵入し、知らないうちに作動します。トロイの木馬には、さまざまな機能を持たせることができます。たとえば、あるものは、ダイヤラーと同じように、パソコンのモデムを使って遠距離や市外通話に発信し、高額な電話料金が請求される可能性があります。ウイルスやワームと異なり、トロイの木馬は自らを複製することはありません。

ほかのページに移動: MRC ホーム感染データベース脅威レベル用語集マルウェア評価異議申し立てフォームスパイウェアサンプルの提出